陶器

卒寿祝いに陶器を贈る場合

卒寿は90歳のお祝いです。
日本は長寿大国とはいえ、90歳は本当に長寿なので、盛大にお祝いしたいですよね。

 

高齢の方に喜ばれるプレゼン

子供や孫、ひ孫に「健康」と「長寿」のお祝いをされたら、嬉しいはずです。
だから「もっと長生きしてほしい」そんな願いを込めたプレゼントを贈りませんか?
ということで、90歳のお祝いに喜ばれそうなプレゼントを紹介します。

 

お茶

お年寄りのほとんどの方が飲む飲み物ですが、お茶のプレゼントは避けたほうが無難です。
理由は、「香典返し」によく使われるから。
縁起を気にするお年寄りへのお祝いには、控えた方がいいでしょう。
そこで、お茶を飲む陶器はどうでしょう?
喜ばれそうですよね。

 

お茶

 

お料理が得意な方には、有名な焼き物の器なんかも良さそう。
毎日使ってもらえる陶器のプレゼントは、長寿のお祝いに人気です。
さらに、名前を入れてくれるお店もあります。
名入れなら、世界に一つのプレゼントになります。
そういうサービスがあるなら、利用したいですね。

 

匠の作る陶器は、同じようでも1つ1つ違うもの。
そこにお名前を刻印されるのは、とても素敵な贈り物になりますよ。
お祝いの言葉や姓名、生年月日、メッセージなどの彫刻が可能。
事前に好きな言葉や、好きな色を調べておきましょう。

 

家族の名前を刻むのもいいアイデア。
特別な卒寿祝いになりますね。

 

湯呑み

卒寿を迎えた人は、外出する機会も少なくなります。
そうすると必然的に自宅で過ごす時間が増えますから、自宅で使うものが人気なのです。

 

普段使える「湯呑み」「お茶碗」は、お祝いによく選ばれています。
特に、鮮やかな色彩の「有田焼」。
350年の歴史を持つ「九谷焼」はすごく評価が高いです。

 

 

陶器選びの注意

重さやデザインで、私たちには重く感じない物でも高齢者には重く感じることもありますから
デザイン重視で購入してしまうのは避けたほうが無難です。
重いものだと使ってもらえませんし、落として怪我をしてしまうことだってありえます。
そのへんも考慮して、持ちやすく軽い物を選びましょう。

 

そういう意味から、持つための取っ手付きがいいかも。
卒寿のお祝いに湯のみを贈る場合は、持ちやすく軽いものを選んでくださいね。