90歳卒寿のお祝い贈り物

卒寿祝い。90歳のお祝いです。
いわゆる誕生日プレゼントとは違います。
長寿のお祝いですから、何が喜ばれるのかしっかりリサーチをしておきましょう。

 

定番の卒寿祝いプレゼント

長寿祝いの定番アイテムといえば、「ちゃんちゃんこ、頭巾、座布団」。
「卒寿祝い」のカラーは紫ですので、紫の3種のセットは用意したいですね。

 

還暦では、「年寄り扱いされたくなく」と、ちゃんちゃんこなどを嫌がる方は多いです。
でも、卒寿の方なら、喜ろこんでお祝いの席で着用してくれますよ。

 

祖父の90歳卒寿のお祝いに贈る言葉、メッセージ

90歳を迎えられたお祖父ちゃんに、
どんな言葉を贈ろうか?と迷っているあなたへ!

 

 

一般的に言われている言葉を探してしまってはいませんか?
みんなどんな言葉を伝えているのだろう?と考えてはいませんか?
それでは、お祖父ちゃんにあなたの気持ちは届きませんよ!

 

 

ここで大切なことは、
「お祖父ちゃんの立場に立ってみる」ということです。
相手の立場に立ってこそ、相手に届く言葉を見つけることができるのです。

 

 

そこで、90歳の人が、どのようなことを考えているのか?
ということを想像してみてください。
90歳といえば、日本人男性の平均年齢を10歳ほど上回ていることになります。
つまり、存分に長生きしていることになるのです。

 

しかし、よく言ってしまいがちなのが、
「これからも長生きしてね」という言葉。
これ、逆の立場ならどう思うでしょう?

 

さすがに長生きをしたことがないのでわかりにくいと思うのですが、
「お腹がいっぱいになった状態」
をイメージしてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

あなたがおいしいものをたくさん食べ、
お腹がいっぱいになったときに、
「遠慮せずに、もっとたくさんおいしいものを食べてね!」
と言われるとどうでしょう…?

 

私なら、「もう十分食べたし、楽しんだので、満足です!となります。
もっと食べてね、と言われることはありがたいのですが、
そんなに食べたくもないかな…と思いますよね。

 

長生きも同じだと思うんですよね。
長生きしているのに、もっと長生きしてね!と言われるのは、
お祖父ちゃんのことを考えた言葉ではなく、
「長生きしてくれないと寂しいから」
というあなた視点になっていることになります。

 

相手のことを考えた言葉ではないですよね。

 

ですので、長生きしている90歳のお祖父ちゃんには、
まず長生きしていることに対しての労いの言葉や、
残りの人生、好きなことをして過ごしてね!
といった言葉を伝えるといいのではないでしょうか。

 

90歳にもなると、責任やしがらみなんかはない状態で、
人間らしく自然と暮らす方が、
いい時間を過ごすことができると思うのです。

 

 

こういった形で、お祖父ちゃんのことを考えた言葉を、
あなたなりに伝えることができれば、
きっとお祖父ちゃんも喜んでくれるはず。

 

ぜひ一般的な言葉ではなく、
あなたなりの言葉でお祝いしてあげてくださいね。

リンク集

更新履歴